スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII
お久しぶりです、Minaです!
毎日、さ、寒いですね…。ていうか関東ってなんでこんなに室内が寒いんでしょう。暖房も弱いし隙間風もあるし二重窓じゃないし…。冬は北海道の方が温かい!(。・ε・。)

さて!昨日公開された、浜渦さんが担当する「LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII」の最新PV曲に、歌で参加させていただいています!
気付いた方もたくさんいらっしゃると思いますが、これは元々「ファイナルファンタジーXIII」のバトル曲「閃光」のヴォーカル付きのMERUATバージョン「閃光2012」として今年のライブで何度か歌っていた曲をさらにリアレンジしたものです。浜渦さんの楽曲に関する詳細のコメントは公式サイトに!



もちろん元々IMERUATで歌っていたバージョンとは多少違います!途中転調し、そして歌詞も「ライトニングリターンズ」に合う形できちんと書き下ろされたものです。(実はIMERUATバージョンの閃光2012はメロにハマる音重視で適当な英単語を歌っ…ごにょごにょ)

歌はIMERUATフランスライブに行く前に滞在していたスイスでレコーディングしたのですが、短い旋律ですが収録はちょっと苦労しました…。
決意がこもったバトル曲なので、力強く歌うのがいいか、または音に溶け込んで歌うのがいいか、でも柔らかすぎてもダメだし、バイオリンの音色と相殺し合わないように、単語の子音の強弱…等々、二人が納得がいくものが録れるまで、結局8時間以上要しました…。でもその甲斐あってとてもいい感じに仕上がったのではないかと思っています♪

本日より閃光配信じゃなくて先行配信でダウンロードできるようです(iTunes & アニメロミックス)。

Crimson Blitz - LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII

ところでよく聞かれるけどちゃんと公式に説明していなかったことをひとつ☆
IMERUATはアイヌ語で「imeru-at 稲光が・光る」という意味で、英語に訳すと"flash of light”または"lightning"とかになり、これはFFXIIIのライトニングを意識してつけたのか、と思われる方も多いみたいですが、実は全くの偶然です。
私たちもアイヌ語辞書とにらめっこしながらいい単語を探していて、イメルアという響きと意味がとても気に入って、最初に作った楽曲を「Imeruat」と仮で呼んでいました。それが核となりイメルアがどんどん膨らんでいって、結局最初は曲名だったImeruatをユニット名にしたのです。
後々、よく考えたら英語に訳すとLightningじゃん!意味は閃光とも言い換えられるじゃん!かぶってる〜!(笑)と気付いた次第です (* ̄∇ ̄*)

元々はFFXIIIで「Choose to Fight」「スーリヤ湖」「ガプラ樹林」などを歌わせていただいたことがきっかけでIMERUAT結成に至り、数年後にはまたIMERUATとしてFFXIIIシリーズに回帰するような形になりなんとなく感慨深いものがあります。
今回のタイトルを引き受けるか相当悩んでいたという浜渦さんですが(暴露?)、結局自分のやりたいようにやっているみたいですね(笑)。

* * *

それと、ブログにまだ書いていなかったですが、ファーストアルバム「Black Ocean」がiTunesとAmazon mp3でも配信されています!まだお持ちでない方はこちらもチェックしてください☆(ところでアルバム配信後、いつのまにかシングルの「Imeruat」のみが配信から消えてるんだけどなぜだろう…原因不明)

Black Ocean IMERUAT

では、次回は11月後半から12月頭にやったフランスライブについてレポートします!(@゚ー゚@)ノ

(Mina)
[2012/12/23 10:47] | DIARY | page top
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。